体に優しい超低用量ピル・ヤーズは悩む女性の救世主

2020年01月19日
微笑む女性

ヤーズは、有効成分の背後量が更に少なくなった超低用量ピルですが、月経前症候群や月経困難症に効果があります。2つの有効成分の配合量が少ないことから血栓症などの副作用リスクを顕現します。避妊効果目的以上に月経前症候群などの改善を目指す方が利用しており、女性の生活質を改善できます。

ヤーズ1錠に含まれているのは、第4世代の有効成分ドロスピレノン3mg含まれています。もう一つの有効成分であるエストロゲン(エチニルエストラジオール)を最低用量0.020mgと更に少なくなっており、血栓症などの副作用リスクを極限まで軽減しています。あらゆるピルの中でも最も体に優しいといっても差し支えないでしょう。エストロゲンなどの有効成分の配合量が更に少ない超低用量ピルですが、高い効果を発揮することが臨床試験で確認されています。

ヤーズが向いている方は、月に1度の定期的な生理周期を求める方です。月に1度の生理に伴う出血を予期したい方に向いており、生理痛や月経前症候群に伴う頭痛や吐き気、腹痛、イライラや憂うつ感などの身体に伴う不快感や憂うつや倦怠感、イライラなどの不安定なメンタルを改善してくれます。抗ミネラルコルチコイド作用があるため、ピルにありがちな浮腫の症状も起きにくいです。

ヤーズの飲み方は、1日1錠を24日間連続で服用した後、4日間はプラセボ錠を服用するだけです。29日目からは新たなシートを使います。飲む際は水やお湯で飲み、タイミングは就寝前をおすすめします。服用してから1週間後に効果があらわれます。飲み忘れたときは、その場で1錠を服用し次回分のタイミングを変更する必要はありません。

ヤーズは、月経前症候群のために服用されていますが、避妊効果もあります。ただし服用してから1週間後に避妊効果があらわれるため、それまでの期間はコンドームなどの避妊具を使用してください。

ヤーズは保険適用されているため、月経前症候群(PMC)や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された方であれば、保険を利用できます。保険適用期間は最長3ヶ月となっており、少なくとも3ヶ月に1度は通院して受診を受けることが求められます。

超低容量ピルは生理痛や月経困難症、生理前症候群などで悩む方の救世主とも言える存在です。エストロゲンとドロスピレノンの配合量が少ないため、体に優しく飲み方も簡単です。通常の生理周期で生活をしたい方は、超低用量のヤーズが生活の質を上げてくれます。

ヤーズは通販サイトでお得に購入できるので、気になる人は通販サイトの販売ページを確認してみましょう。まとめ買いをすることでお得になるサイトもあるので、値段やサービスの比較が重要です。